awsの運用代行を利用するメリットと注意点

Amazon社が提供しているamazon web serviceは、awsという略称で知られているクラウドサービスです。このawsを使いこなすためには、高度なスキルが求められるため、エンジニアの数に限りがある企業などでは、専門の運用代行業者に依頼して運用を行ってもらうというのが選択肢となります。

以下では、運用代行を依頼する場合に知っておきたいメリットと注意すべきポイントを見ていくことにします。

awsの運用のために設計書を作る必要があるか

awsについて知っておきたいこと

まず最初に、awsというのは、あくまでもクラウド環境上で利用できるシステム基盤を提供するサービスですので、それだけで何らかの機能が発揮できるものではありません。利用する企業がその基盤上に自らが提供するシステムを構築して顧客などに提供することによって、はじめて意味のあるものとなるのです。

そのため、awsのユーザーである企業などは、awsを通じて提供するシステムを自ら開発して、実装する必要があるだけではなく、その後のシステムの運用や保守についても自前で行わなければなりません。社内に数多くのエンジニアを抱えているような大企業であれば問題なく対応できるかもしれませんが、そうでない企業にとっては自前でシステムの開発から運用・保守までを一括して行うのは現実的ではありませんので、この点についてはawsを利用する前にしっかりと理解しておくようにしましょう。

運用代行を利用することでリソース不足を補える

このように、多くの企業にとって自分たちだけでawsを使いこなすというのはハードルが高いものなのですが、そのような企業の助けとなるのが運用代行です。運用代行を利用すれば、aws上に実装されているシステムの運用業務や保守、メンテナンスといった維持業務をまとめて請け負ってもらえますので、わざわざ企業が自分で運用要員を雇う必要はなくなります。

企業が雇えるエンジニアの数には限界がある中で、足りないリソースを運用代行を使って補うことができるというのが運用代行を利用するメリットの一つなのです。なお、運用代行には、運用に必要な一部の業務だけを任せるサービスも存在しますが、基本的にはすべての運用業務をまとめて一任するトータルソリューション型のサービスがほとんどです。

企業とすれば、一度任せてしまえば、あとは何もしなくて済みますので、自社でやらなければならないような運用業務がない限りは、すべてを一任してしまった方がよいでしょう。ただし、一任するのと丸投げするのとは同義ではありません。

一任したからといって、システムについて企業の責任が問われなくなるわけではありませんので、どのような運用方法を用いるのかなどといったサービスの仕様について事前に確認するとともに、運用代行を委託したのちも定期的にその仕様通りにサービスが実施されていることをモニタリングするようにしましょう。

運用代行によってコストを削減できる

運用代行を利用するもう一つのメリットは、社内のIT費用を低減できるという点です。aws上に構築されたシステムの運用を自前で行うとなると、そのための要員を確保しなければならないわけですが、エンジニアの価値が高まるにつれて彼らを雇うには高額の報酬が必要となってきていますので、人件費だけでも大きな負担になる可能性があります。

運用代行を使えば、そのような人件費は一切必要なくなるため、社内のリソースを本来のビジネスに集中できるようになるのです。もっとも、当然ながら運用代行サービスの利用料は支払う必要がありますので、何らコストが発生しなくなるというわけではありません。

社内の技術者が育ちにくくなる

運用代行には、メリットだけではなく、注意しておきたいポイントもいくつかあります。そのうちの一つが、外部の業者に運用代行してもらうことによって、社内のエンジニアなどが育ちにくくなるという点です。自分たちでシステムを運用している場合には、試行錯誤しながらトラブルなどに対応せざるを得ないため、経験を通じて自然と技術者のスキルが磨かれていくわけですが、運用代行の場合には、社内の人間がそのような経験をするのは困難ですので、どうしても技術者を育成する環境になりにくいのです。

そのため、運用代行を利用しつつ、社内でも優秀な技術者を抱えたいという場合には、将来有望な若手を運用代行業者などに出向させて経験を積ませるか、すでに高度なスキルを身に着けているエンジニアを中途で採用するといった対応が必要となります。

運用代行業者の力量に左右される

注意すべき二つ目のポイントは、運用代行サービスのクオリティは、代行業者の力量によるため、必ずしも一律ではないという点です。代行業者の中には、高度なシステム運用のノウハウを有していないようなところも存在しますので、障害発生などで停止することが許されないような重要なシステムについては、そのような業者に運用を代行させないようにしなければなりません。

業者の力量を見抜く決まった方法があるわけではありませんが、例えば同業者などから評判を聞いたり、ネット上の口コミをチェックするなどしてみるとよいでしょう。どうしても力量が分からないという場合には、いきなり重要なシステムの運用を任せるのではなく、手始めに簡単なシステムの運用を代行してもらってどの程度のスキルを有しているかを見極めるというやり方もあります。

情報漏洩リスクに留意すること

注意すべき三つ目のポイントは、運用代行の対象となるシステム内に個人情報などのように機密性の高い重要な情報が入っている場合には、その情報が代行業者を通じて漏洩するリスクがあるという点です。通常は契約において代行業者には守秘義務が課されるケースがほとんどであるため、意図的に情報が漏洩される可能性はそれほど高くありませんが、契約だけでは、不注意などで情報が洩れるリスクを完全に排除できるわけではありません。

どうしても守りたい情報があるのであれば、その情報が格納されているストレージにアクセス権を設定して代行業者であっても情報を閲覧できないようにするといった対応が必要になるでしょう。

運用代行のメリットと注意点を理解してawsを使いこなそう

以上で見てきたように、awsの運用代行には、社内のリソース不足を補ったり、システムコストを抑えられるといったメリットがある一方で、いくつかの注意すべきポイントが存在します。そのような注意点を正しく理解したうえで運用代行を利用すれば、大きな問題が生じたりはしないでしょう。

運用代行を適切に利用することで、awsをより効果的に使いこなせるようになるのです。

参考元『AWS運用 … CloudCREW』https://managed.gmocloud.com/managed/